2020/07/26 12:42




1989年公開のアメリカ映画、Mystery Train(ミステリー・トレイン)。
出演は、永瀬正敏、工藤夕貴、「Life Is Beautiful(ライフ・イズ・ビューティフル)」などの作品で知られる Nicoletta Braschi(ニコレッタ・ブラスキ)や、The Clash(ザ・クラッシュ)のヴォーカル、Joe Strummer(ジョー・ストラマー)、Steve Buscemi(スティーヴ・ブシェミ)など。
監督は「Stranger Than Paradise(ストレンジャー・ザン・パラダイス)」や、「Down By Law(ダウン・バイ・ロー)」、「Night on Earth(ナイト・オン・ザ・プラネット)」などの Jim Jarmusch(ジム・ジャームッシュ)。監督業だけでなく、数々の映画に演者としても出演しています。



アメリカのテネシー州、メンフィスが舞台。異なる3組の登場人物に起きる様々な出来事が同じ時系列で進み、それらがオムニバス形式で描かれる作品です。またメンフィスが故郷である Elvis Presley(エルビス・プレスリー)の曲が劇中に使用されていて、ストーリー展開のうえで重要な役割を担っています。映画のタイトルもエルビスの曲名が由来です。



ジム・ジャームッシュ作品の楽しみの一つが、彼の友好関係からなるキャスト陣。本作も、ジョー・ストラマーをはじめ、Screamin' Jay Hawkins(スクリーミン・ジェイ・ホーキンス)、ラジオDJ役(声だけの出演)の Tom Waits(トム・ウェイツ)と、ジム・ジャームッシュはよくミュージシャンの方を使いますね。ちなみにスクリーミン・ジェイ・ホーキンスは、同じジャームッシュ作品の 「Stranger Than Paradice(ストレンジャー・ザン・パラダイス)」 では主題歌を歌ってます。またトム・ウェイツは、「Down By Law(ダウン・バイ・ロー)」では主演キャストの一人を、「Coffee and Cigarettes(コーヒー&シガレッツ)」では Iggy Pop(イギー・ポップ)と一緒にオムニバス作品の一つに出演しています。
また、2016年に公開された「Paterson(パターソン)」にちょこっとだけ出演していた永瀬正敏さんですが、実にこの作品以来28年ぶりだったそう。
ジャームッシュ作品や、Wes Anderson(ウェス・アンダーソン)作品など、毎回おなじみのキャストが名を連ねる感じ、個人的には結構好きです。



登場人物だけでもワクワクする本作ですが、ジム・ジャームッシュ作品の雰囲気や、オフビート感も十分に楽しめる本作。新作「The Dead Don't Die(デッド・ドント・ダイ)」も公開されましたが、これまでの作品とは異なる ”ゾンビ映画” をどのようにみせてくれるのか、楽しみです。