2021/10/28 21:06


シルク素材のパターンシャツを2枚。

どちらも柄シャツですが、アピールの仕方が違ってそれぞれの良さがあります。



Vintage black pattern silk shirt



黒のシルクに色のない柄が載った一枚。

控えめだけどしっかりと個性を主張しています。



光の当たり具合で花柄の見え方が少し変わります。

総柄だけど全然うるさくない。



同素材のクルミボタンで、裾はフラット。

ゆったり目のサイズ感で、着丈も長め、アームホールも広めなので窮屈さはありません。

柄物好きの方にとっては、ちょっとした変化球。

普段柄物着ないし、着てみたいけど自分は似合わないなんて方もこれならいけそうです。







Vintage box pattern silk shirt



こちらは対照的にやや主張が強め。

黒ベースに四角を基調とした柄で構成されています。

四角の中にちっちゃな四角。

チェック柄とは少し違うかな。

意外とありそうでないパターンかもしれません。



ボタンが同素材のクルミボタンで、配置に合わせてしっかりと柄合わせされています。

よく見ると黒のベース部分にもしっかりと柄が入ってるんですよね。

細かいところですがこういう丁寧なところも素敵です。

裾はカーブしたラウンドタイプ。



2枚とも男性、女性どちらにもおすすめです。








James Iha from The Smashing Pumpkins (1998)

これはおそらくポリシャツですね。

紹介しているシャツはシルクなので見え方は変わってきますが、イメージとして。





Billy Corgan from The Smashing Pumpkins (1990s)











Cool kids never have the time

―イケてるキッズはいつだって忙しい






遊びに一生懸命で、仕事も頑張るし、恋も、もちろんファッションだって手抜きしない。

今日、明日はどれを着ようかなんて

ゆっくり時間をかけて考えるのも大切だと思います。







1979 by The Smashing Pumpkins (1995)

ブログのタイトルはこの曲の歌詞より。







Yes ~free flower~ by MY LITTLE LOVER as ALL OR NOTHING (1996)

6枚目シングル。「スワロウテイル (1996)」の劇中歌。

MVの最初にしっかり ”as ALL OR NOTHING“ を入れてるところも粋です。

オルナシのフリフラ。懐かしい縦シングル。






Dancing in the rain by Meaningful stone (2021)

韓国出身のアーティスト。たまたまおススメで出てきて聴いてみたらよかったです。

1996年生まれ。若い。

MVの 2:30 あたりは Trainspotting ですね笑 





この3曲、曲の感じが似てるのでピックアップしてみました。

国も違えば、世代も違うけどそれぞれ良さがあります。

いい曲であるのは間違いないと思うので

ぜひ聴き比べてみてください。